町中華 金龍 閉店

2月 9, 2020 · Posted in 四代目のつぶやき · Comment 

安田屋家具店が立地する岐阜市美殿町から車で15分位の岐阜市長良のお客様宅を訪問した際、焼きめしがとっても美味しい町中華「金龍」の前を通った。久しぶりに焼きめしを食べようかと思い、営業しているかどうか確かめるために店内を見てみた。その時、お店の外観がなんだか寂しく感じたのでした。

すると入口ドアに貼紙がしてあった。

ショックです。
昨年10月1日に閉店していたことを告げる貼紙です。お店外観の看板はすでに取外してあり、それで違和感を感じたのです。

いゃーまいったぁー。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!

「華がとりもつ縁」

11月 2, 2014 · Posted in インテリア雑貨 · Comment 

以前、安田屋家具店ホームページにてご紹介したことがある実店舗にて展示販売している書画のことなんですが・・・・、(過去記事はコチラをご覧ください)

s-IMG_1885

この書はなんていう字か読めますか???

「華」

という漢字一文字なんです。
書を書かれたのは、香川県高松市の「的場 和子」さんという、古典・仮名・小文字をはじめ前衛など、書一般をてがける書道作家です。現在も安田屋家具店2階の四代目のパソコンデスク近くの壁面に展示してあります。

s-IMG_1886

横には友人の澤田尚正さんが撮ってくれた四代目の写真パネルも一緒に展示してあります。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!

「華」という文字なんです

2月 25, 2011 · Posted in インテリア雑貨 · Comment 

 安田屋家具店1階に展示してある「英国アンティーク家具」のサイドボードの雰囲気を出すために飾ってある額です。

 「書」なんですが、なんて書いてあるかわかりますか??

 これは「華」 という漢字一文字なんです。
 作者は、【 射場 和子 】さんという、古典・仮名・小文字をはじめ前衛など、書一般をてがける書道家です。

 射場さんは、1965年(四代目は1960年生まれなので5歳下ですね)  愛媛県松山市に生まれ、愛媛大学教育学部を卒業されました。書歴は、愛媛県展に入選5回、全国毎日展前衛部門に入選6回です。

 篆刻部分を拡大してみます。

 現在は海外にて活躍中???、との情報があります。

 この書に関心を持たれたお客様が今日おられましたので、広く皆様にもご紹介させていただきました。当然といえば当然のことですが、現品限りの1点物です。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!

美殿町で海外視察

10月 23, 2019 · Posted in 四代目のつぶやき · Comment 

先日の10月19日(土)に岐阜市国際交流協会が、11名の外国人を引率して、安田屋家具店が立地する美殿町商店街振興組合を視察に来られた。商店街理事長として、四代目が各店舗に引率して案内した。

午後3時から1時間程度、和菓子店「おきなや総本舗」店内にて若旦那さんから手ほどきを受けながらの和菓子作りを体験された。

その後、安田屋家具店前に集合し、美殿町の歴史を伝えながら、興味を持たれた日本酒BAR「mirai」をご案内。まだ開店前だったので、店主の滝さんに取り急ぎシャッターを開けてもらった。そして店内のインテリア素材や、提供している日本酒をご覧いただいた。

続いて、終戦直後から店構えが変わらない華器・茶道具の中嶋祥雲堂の店内へご案内。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!

忠臣蔵 討入り当日

12月 14, 2018 · Posted in 四代目のつぶやき · Comment 

今から315年前の今日、元禄15年(1703年)12月14日寅の刻(午前4時頃)、江戸 本所松阪町の吉良邸に討ち入った日です。

時代劇では雪降る中、サクサクサクサクと赤穂浪士四十七士が吉良邸に向かうシーンが描かれていますが、315年後の今日は、日中晴天で雪の気配は全くありません。情緒が無さすぎですね。

討ち入りの前日となる13日、四代目は安田屋家具店からすぐの映画館「ロイヤル劇場」で東映の「忠臣蔵 <桜花の巻・菊花の巻>」を上映していたので鑑賞しに行ったのでした。上映時間3時間ちょっとでしたが、あっという間に見終えた感がありました。

当時の映画スターが全員出演しているようで豪華なキャスティングでした。大人になる前の北大路 欣也が初々しかったです。

ロイヤル劇場は、アナログのフィルム上映のみをしていて、懐かしい映画を500円のワンコインで見られる映画好きにはたまらない劇場です。名古屋にもっと宣伝すれば繁盛するのになぁーと思う四代目でした。

赤穂浪士を偲びつつ、NCリンクの忘年会に向かう四代目でした。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!

次ページへ »